ブロガーさんの取材、ichiに寄せられた質問への回答、ブロガーさんによるノウハウ系寄稿記事を紹介していきます!
公開ディスカッション・取材記事

介護士ブロガーのたんたんさんに聞いたブログで成功するためのアドバイス

今回は介護士ブロガーとしてご活躍されている「たんたんさん」に取材をすることができました。

たんたんさんは、介護士をされながらブログ運営され、Yahoo!ニュースや朝日新聞デジタルマイナビニュースなどで取材をされ、ますます有名になられています。

また先日から開催されているA8取材で河井大志さんが講師を務めている「A8アフィリエイトBASE」のゲストとしても登壇され、今後ますますのご活躍が期待できるブロガーさんです!

さらに!たんたんさんの書籍も販売されましたので、ぜひブロガーさんは参考にしてみてください!!

介護士働き方コムAmazonで購入

ジャンル選びや、記事の執筆で大事なこと、考え方などお聞きしてきましたので、ぜひブログ運営にご活用ください!!

Mi
Mi
本日はお忙しい中ありがとうございます。
たんたんさん
たんたんさん
いえいえ。こちらこそありがとうございます。

というわけで、取材記事スタートです!

ブログのジャンルを決めるにあたってアドバイスはありますか?

Mi
Mi
まずブログのジャンルを決めるにあたって、たんたんさんのお考えをお聞かせください。

僕はもともと介護士として働いていましたが、正社員の介護士は給与が低く、サービス残業も当たり前という状況でした。

ですので、給与を上げたいと思って、島根から上京し給与アップを考えるとともに、正社員ではなく派遣会社に登録し派遣介護士として働くことにしました。

すると給与が大幅にアップしたんです。

その経験をもとに現在は介護士の派遣サービスのアフィリエイトをしています。

当時は個人の介護士でブログをしている人はいなかったですし、「介護士」であることが「武器」だと思ったんです。

逆に僕は自分が知らないジャンルにでブログをするのは不安に思います。

だって差別化できないので、強みを活かせないですし。。。

ですので本業は介護士の派遣として働いて、働きながら感じたことやインプットした情報だと差別化できるので記事にして収益化することにしたんです。

Mi
Mi
なるほど!「本業を活かしてジャンルを選ぶ」のとても分かりやすい事例ですね!

ASPに案件がなく強みを活かせない場合は?

Mi
Mi
たんたんさんの場合は「介護士の派遣サービス」がASPに案件としてありましたが、なかったらどうしていましたか?

もし介護士派遣のサービスが案件になかったとしてもブログはやっていたと思います。

もともとブログ運営を「副業」として見てなかったんです。

普通にブログ運営は「趣味」だったので。。。

最初は雑記ブログをはてなブログでやっていました。

Mi
Mi
あ!ヒトデさんと同じですね!

そうですね!

ただやってると数字をあげたくなってくるし、アフィリエイトに注力したいなと思うようになったんです。

でもAdSenseだと月10万でも収益を上げるのは難しいので。。。

たまたまA8に介護士派遣のサービスが案件にありましたが、なかったとしても

「介護士って収入低いよね」→「副業しましょう」→「ブログしましょう」→サーバーをアフィリエイト、クラウドソーシングをアフィリエイト
「介護士って収入低いよね」→「節約しましょう」→格安SIM

など「介護士」と絡めてアフィリエイトしていたかもしれません。

Mi
Mi
確かに、何らかの形で介護士を活かすことはできそうですよね!

ジャンルを選ぶときに一番大事にしたこと

Mi
Mi
やっぱり自分が実際に利用したサービスをアフィリエイトするのは重要ですか?

そうですね。それはとても大事だと思います。

最初は地方の施設で正社員として15万くらいでした。

どうすれば収入アップするのか分からない時に、上京して夜勤従事者として派遣をやり始めてから給与アップしたので、

そういう「いい思い」をしたから派遣サービスを心の底からオススメできると思っています。

どんなジャンルのアフィリエイトでも、自分がいい思いや経験をしていないのに紹介することはできないと思っています。

逆にいい思いをしたから、自信をもってオススメできますし、
せっかく同じブログで同じ文字数を書くなら高い単価の方がいいでしょうし、そうであれば自信を持ってオススメできるジャンルの方がいいのではないでしょうか。

Mi
Mi
自信をもってオススメできる!というのはユーザーの納得度も違うのかなと思います!

キーワード選びってどうしていますか?

Mi
Mi
やはり介護士という本業がキーワード選びに活かされていると感じることはありますか?

それはありますね。

まずキーワード選ぶときに最初からキーワードツールを使ってキーワードをピックアップしていないんです。

働いている現場で他のスタッフさんが愚痴っていたことをメモして、その言葉に関連するキーワードがないかツールで探すという流れです。

そのほかにもYahoo!知恵袋やTwitterなどでも介護士さんの愚痴と思われるものを見つけて、記事にしたりしています。

Mi
Mi
例えばどういう感じですか?

「年末年始くらい休みたいよね。。。」という愚痴であれば「介護士 年末年始 休みない」
とか

「介護士って給料安いよね」という愚痴であれば「介護士 給料安い」とかです。

僕のブログは介護士さんの悩みを解決するためのブログですが、その悩みって派遣に登録することで解決することが多いんです。

だから介護士の悩みをキーワードに設定して、そのキーワードで上位表示することを心がけています。

なので、常に介護士さんの悩みは集めているつもりです。

悩みを集めれば集めるほど、上位表示すべきキーワードが増えるし書ける記事も増えるからです。

ですので、そのキーワードの検索ボリュームなどは一切みていないんです。

検索回数が多いキーワードであれば「介護士 派遣 人気」などあるでしょうが、企業も狙っているのでなかなか上位表示しづらいと思いますし。

それであれば、悩みキーワードを見つけて、その悩みを解決するための記事を書いて、その悩みが派遣に登録することで解消されるのであれば、派遣サービスに誘導するという形を意識しています。

Mi
Mi
なるほど!Googleのアップデートで「狙えるキーワード」が少ない!と思っているブロガーさんにはぜひ参考にしてもらいたいですね!

記事を書く時に注意していることはありますか?

Mi
Mi
キーワード選定とおなじく、介護士という本業が記事に活かされていると感じる時はいつですか?

そうですね。まずリアルな意見を書けるというのは強みだと思います。

そして記事を書いている途中で「こころを深堀したいな」と思ったら別の記事にしてるんですが、こういう発想ができるのも本業が活きているのかなと思います。

また介護士の人は文字をあまり見ないと思いますので、長い文章は極力書かないようにしています。

長くなりそうな場合は別記事にするイメージです。

そういうことも介護士だからこそ気付けることなのかな?と個人的に思っています。

そして記事を書く時はキーワードの検索意図をしっかり意識しながら、自分なりに答えを出せるようにしています。

流れとしてはまずは結論を書いてから、その結論に至る理由を書いていく流れです。

具体例など経験したことなども書けば説得力も増します。

またキーワードを散らばめたり、見出しに狙っているキーワードを意識することも大事だと思います。

SEOは自分の記事をたくさんの介護士さんに届けるために重要だと思っているので。。。

Mi
Mi
SEOで上げれば儲かる!ではなくて、自分の記事を届けるため!というSEOの考え方が素敵ですね!

ブログで収益化する時に意識していることはありますか?

Mi
Mi
たんたんさんはASPのアフィリエイトだけですか?

そうですね。AdSenseも少し張っていましたが全然収益がなかったです。

ASPのA8さん一つで収益化している状態ですね。

たしか、ヒトデさんのブログで「どのASPに登録したらいいのか」みたいな記事を読んで、登録しただけです。笑

A8さんは特単の調整や相談にも乗ってくれるので、変える必要もないのでA8さんで十分かなと。

Mi
Mi
逆に、介護士の転職以外の案件はやろうと思わないですか?

確かに老人ホームのアフィリエイトみたいな似ているようなものもあるんですが、できないんですよね。。

そのほかにも介護士の資格を取れるスクールの案件とかもあるんですが、派遣会社が資格取得をバックアップしてくれるので、それであれば資格講座をアフィリエイトするよりも、派遣会社をアフィリエイトした方がいいかなとか。。

Mi
Mi
ほんとに派遣サービスを利用して生活が良くなったから、そこを広めたいんですね!

集客方法で大事にしていることを教えてください。

Mi
Mi
やっぱりSEOでの集客が一番多いですか?

そうですね~。ただSEOが多いとは限らないんです。

Twitterも介護系のツイートをしていますし、何か介護に関連する事件やニュースがあった時もTwitterでツイートしています。

またブログ記事を更新すればツイートしたりしているので、ブログとTwitterはセットなんですよね。

またTwitterの反応が大きいものを記事にしたりしています。

つまりTwitterのリプが多いものに対してさらに記事を書いてリプするみたいな感じです。

知り合いのつぶやきが10万リツイートすれば、その発言に対して記事を書いてリツイートしたり、Yahoo!ニュースで取り上げられた記事に関する記事を書いてリツイートしたり。

また介護士さんのアカウントの発言に対して、記事化してリツイートしたりすると、意外と喜ばれて拡散してくれたりします。

SEOで言うと、メイン記事などは上位表示されていますが、どういう仕組みかは不明ですが、Yahoo!ニュースなどメディアに出てから、過去の記事が上がってきたり、前のアップデートでも色んな記事が上がってきました。

おそらく権威性が上がったのかな?とは思っているのですが。。。

Mi
Mi
なんか自然と権威性とかサイテーションとかが上手にいっている感じで素敵ですよね!

SEOでこれだけは大事!というのはありますか?

Mi
Mi
Twitterの重要性や活用法は分かりましたが、SEOで重要だなと思うことはありますか?

それは「記事以外のSEO」です。

色んなメディアの取材を受けるのも被リンクが増えるし、世の中の人が自分を知ってくれれば自分の名前で検索してくれる人も増えます。

ですので取材を受けているのも認知度を上げるためのリアルなSEOだと思ています。

自分の名前を知ってもらって、検索してもらって、アクセスしてもらって、権威性とかサイテーションとか被リンクとか、そういうものを強化していきたいなと。

ですので「自分はいつでも取材を受けますよ!」ということを自分で言っています。

Mi
Mi
確かに、今回の取材も、取材を受けます!みたいなTwitterを見てお願いさせてもらいました。

ありがとうございます。とても嬉しいです。

一度取り上げられると、継続的に取材が来る場合もありますので、自分から連絡して取材してくれ!ということもありだと思います。

僕も取材してほしい!という連絡を大手企業さんに問い合わせたりしています。

Mi
Mi
お話を聞いていると、権威性を高める努力を積極的にされているのは分かりますね!

とにかくブロガーにとって一番大事なことってありますか?

Mi
Mi
最後になりますが、ブロガーが成功するためにこれだけは知っておいてほしい!ということはありますか?

僕は更新頻度が高いほうなのですが、とにかく継続することは大事かな!と思います。

初心者の人は記事を書くことになれていないので2000文字の記事を書くのに3時間とか4時間とかかかると思うんです。

だからこそまずは慣れてほしいなと思います。

その習慣が本業や強みと掛け合わされれば絶対に強くなりますし、ブログの内容に厚みがでますので。

結局、色々見ていると「中の人の意見とか声」ってほしいと思うんです。

テレビで見てるよりもリアルではこうなんだ!みたいな情報が欲しいんじゃないかなと思っています。

逆にテレビでも「マツコの知らない世界」とか「じっくり聞いタロウ」とかのテレビが多くなっているじゃないですか。

ですので、そういう傾向を考えると専属のアフィリエイターの中でも、家の中で完結して情報発信している人は、これから厳しくなってくるのではないかと思っています。

読者さんは「リアルな情報」を求めているので、その情報を発信できる「体験」をしている人が強いのかなと。

ですので、自分が経験したことを発信し、そこにマネタイズをしていく。

そして基礎的なSEOだけをしれば収益はあがるはずです!

Mi
Mi
とても説得力のあるお話でした。。。ありがとうございます!!

まとめ

この度はたんたんさん、取材を受けて頂きありがとうございます!!

わざわざ島根から出てこられるタイミングを見計らって取材を申し込みさせて頂き、とても丁寧に色々お話をして頂きました!

また話の中で強く感じたことは

  • 本業などの強みを活かすメリット
  • その強みはキーワード選びや記事にも活かされること
  • サイテーションとか権威性が大事なこと

です。

特に権威性の部分は、自分で取材をしてほしい!と連絡するほど、積極的に活動されていることには驚きでした。

とくにたんたんさんは、とても物静かな方ですので、積極さとのギャップに驚いちゃいました!!

そんなたんたんさんですが、冒頭でもお話したように、ブロガー向けの書籍が販売されましたので、ぜひ「ブログ運営している人」「これからブログをしたい人」は参考にしてみてはいかがでしょうか?

Amazonで購入

改めまして、たんたんさんお忙しいなか、ありがとうございました!

ABOUT ME
Michi
Michi
Mithlogでは、働く女性向けの役立つ情報や取材記事をアップしてます。 めちゃバリバリの女性が見て元気になったり、逆にそういう女性がほっと一息つけたり、実際どうなの?っていうことをぶっちゃけトークしたり 的なブログです。